アンネのバラの教会

アンネは、日記の中に、
「私は世界と人類のために働きます」
と、書き残しました。
この教会は、彼女の平和と人類愛の理想が、
多くの若い人たちに、受けつがれていくようにとの願いをこめて
アンネ生誕50周年の1979年計画され、1980年4月に建てられました。
アンネの父オットー・フランク氏との交流が、この教会設立のきっかけとなりました。

▼教会外観


   「 礼 拝 堂 」


 ステンドグラスは、苦難の中で自由を求める
アンネを表現したものです。独特の形をした天井は、
隠れ家の屋根裏部屋を表しています。

 正面祭壇の石壁は、
エルサレムの「泣き壁」を象徴しており、
 太い木の株の祭壇は、苦難の中からよみがえる
ユダヤ民族のシンボルです。

▲礼拝堂